自分に優しくしてもいい

先日、
オンラインで個人セッションを
していたときのことです。

久しぶりにお話をしたので、
これまで、どんな経緯だったのか、
周囲の方とどんな関係に変化したのか、
今、どんなことに悩んでいるのか。

色々と聴かせて頂きました。

そのやりとりの中で、

『過去を後悔したり、
 未来に不安を感じたりする時間を減らして、
 今を生きること、
 今に軸を持ってくるってことですよね?』

みたいな話をしました。

その話のあと、

『分かっているけど、続かないんです。』

と、自分を責めてしまってました。

やろうと思ったことを
続けられないのが悪いのではなくて、
やめたいのならやめればいいし、
またやりたければ、
今から再開すればいい。

ただそれだけなんですよね。

なのに、
続けられない自分=ダメな自分

にしてしまいがちです。

そして、
こうやって、
他の人には優しくアドバイスできても、
自分へは手厳しかったりするものです。(笑)

自分が思い描いていた理想と、
どんどん離れていっても、
そんな自分に気づけたのなら、
まず、そんな自分を褒めてあげましょ。

どんな自分でも、
そのときの精一杯を
認めてあげましょうね。

ABOUTこの記事をかいた人

こころとからだの整備師。元結婚式場支配人。メンタルケアとマッサージを同時に行いこころとからだを整える専門家。東日本大震災の体験から防災士の資格も取得、北海道防災教育アドバイザーとして講演活動も実施。クリームパンとラムレーズンが好きな42歳。