今を生きてる、っていう感覚

今日は防災の日。

今朝は、家にあるポリタンクに水を汲んで、
生活用水80リットルを確保しました。

あとは、乾電池の在庫が少なかったので
買い足しをしたり。

昨日、
北海道江別市の総合防災訓練に参加しました。
震度7を体験したり、
避難所運営のデモンストレーションを見たりして、
改めて、日常のありがたみを感じました。

日常生活のありがたみ、
それって、
いきつくところは、

『生きていること』

へのありがたみなんですよね。

3・11の時は、
余震が続く中で、
死を意識する日々だったと
昨日の防災訓練で
思い出しました。

日々の暮らしの中で、
当たり前のことが
当たり前じゃないって
幸せなことなんだって
いつも感謝できてることが

幸せなことなんだって
思いました。

生きてることが当たり前になると、
過去への後悔や、
現在の不満や、
未来への不安に意識が向いていて、

今そこにあるものへの感謝を
忘れて過ごしがちでした。

今日、
こうして想いを綴ることができて、
本当にありがたいです。

私は、
これから、
僕らの街からライブに
行ってきます。
https://bokuranomachikara.com/

あなたも、
今日を楽しんでくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

こころとからだの整備師。元結婚式場支配人。メンタルケアとマッサージを同時に行いこころとからだを整える専門家。東日本大震災の体験から防災士の資格も取得、北海道防災教育アドバイザーとして講演活動も実施。クリームパンとラムレーズンが好きな42歳。