『怖い』は、変化のサイン

昨日は出張カウンセリング・整体で
2名の方とお話をしました。

おひとりの方は、
ずっと鼻づまりで、
ひどいときは蓄膿症みたいになっていたのが、
両方の鼻がスッと通るようになったと
喜んでいただけました。

もうひとりの方は、
頭痛気味だということでしたので、
手を当てさせていただいて、
たまっていたもの、滞っていたこと、
考え、悩んでいたことを吐き出して
いただくことで、頭痛も取れて、
スッキリしたとのことでした。

こうやって、
こころとからだが回復して
笑顔になっていく方々を見ると、
この仕事を始めてよかったなぁって
感じています。

理論で説明できる部分と、
まだ解明できていない部分とあるので、
うさんくさく思われることもありますが、

本当に必要な方には、
必要なタイミングでお届けできると
信じて続けています。

こういうことを仕事にしてるので、
疎遠になったり、
離れていく人もいるけれど、
こればっかりは止められません。

離れていく人がいるのって、
さびしいし、不安だし、怖い。
そんな気持ちが出てくる時もあります。

これって、
あなたが変化していくときも一緒で、
今まですごーく仲良かった友達と
急に離れることもあるかもしれない。

変化するタイミングのときは、
周囲の人間関係が総入れ替えくらいに
なることもあるので、
そんなことがあったときは、

『あ~、変化のタイミングが来たんだねぇ。(しみじみ)』

と、
お茶をすすってる感じで
変化を受け入れてみて。

変化のときは、
誰だって怖いものじゃないですか。

でも、
『怖い。』っていう感情を感じたら、
それは変化できるサインのようなもの。

そうは言っても怖いんだけど、
ちょっと頭の片隅で覚えておいてね。


個人セッションの空き状況を ブログに掲載しました。
おばぁのお話会、セッションから 1か月経ちますので、
心と身体を整えたい方はぜひお申込みください。

ABOUTこの記事をかいた人

こころとからだの整備師。元結婚式場支配人。メンタルケアとマッサージを同時に行いこころとからだを整える専門家。東日本大震災の体験から防災士の資格も取得、北海道防災教育アドバイザーとして講演活動も実施。クリームパンとラムレーズンが好きな42歳。