月に一度、防災について考える

今日は11日。
東日本大震災の月命日でもあります。

私は、
2011年3月11日は
宮城県仙台市で暮らしていました。

津波被害は無く、
大きな損害は無かったですが、
身近で起こった大規模災害は
私の人生を大きく変えるきっかけになりました。

今では、
北海道防災教育アドバイザーとして
東日本大震災の体験を伝える活動もしています。

その活動の中で、
私が伝えているのが、

『日々の暮らしをしている中で
 防災につながるようにすること。』

例えば、
普段使っている食材や日用品を
ひとつ多めに買って自宅にストックする
ローリングストック。

これなら、
自宅の収納スペースに合わせて
必要なものを揃えておくことができますし、
災害が発生した直後の混乱した時期に
買い物をする必要もありません。

ぜひ、ご自宅にも取り入れてくださいね。

◆9月7日に防災セミナーします。

この度、札幌市中央図書館で
防災セミナーをさせていただくことになりました。

====(以下、ご案内です)====

図書館で知る防災情報セミナー
「ブラックアウトから1年~ムリなくできる備えと防災」

◇講演内容
 昨年9月6日の午前3時7分、北海道胆振東部地震発生。
 はじめてのブラックアウト、予想をこえる突然のできごとに
 心身とも疲れていた日々から1年がたとうとしています。

 近頃は、備蓄品の用意も忘れがちという方!
 この機会に日々の暮らしの中で無理なくできる
 災害への備えをあらためて考えてみませんか。

◇日時
 令和元年(2019年)9月7日(土曜日) 14時30分~16時00分(開場14時)

◇会場
 中央図書館 3階講堂
  ※ 公共交通機関でお越しください。

◇参加費: 無料

◇申込: 不要、直接会場へお越しください。

◇定員: 150人(先着)

 詳細はこちら。
 https://www.city.sapporo.jp/toshokan/sapporosiryo/201909bousai.html

====================

興味のありそうなお友達がいらっしゃったら、
転送、シェア大歓迎です(^^♪

※シェア元を書かなくてOKですので、
 どんどんシェアしてくださいね。


個人セッションの空き状況を ブログに掲載しました。
おばぁのお話会、セッションから 1か月経ちますので、
心と身体を整えたい方はぜひお申込みください。

ABOUTこの記事をかいた人

こころとからだの整備師。元結婚式場支配人。メンタルケアとマッサージを同時に行いこころとからだを整える専門家。東日本大震災の体験から防災士の資格も取得、北海道防災教育アドバイザーとして講演活動も実施。クリームパンとラムレーズンが好きな42歳。