自分をゆるすことって、1回で終わりじゃない

突然ですが、、、正直に申し上げます。

お恥ずかしながら、
過去に失敗した(と思っていた)ことについて、
まだ自分をゆるしていませんでしたー。

あなたには、
そんな、くすぶった想い、
ないかもしれませんね。

私も、
けっこう前から気づいていたことで、
もう解決したつもりだったんです。

その時、
自分にできるベストを尽くしたし、

その経験があったから、
今、出会えている人達もいて、
すべて必要な経験だった。

。。。

って、

頭ではわかっていた、

つ も り

でした。

でもね、

感情の部分では、

自分をゆるしていなかったし、
恥ずかしいと思っていたし、
悔しいと思っていたし、
自分にも怒ってた。

『助けてほしい。』

って言ってみたけど

伝え方が足りずに
助けてもらえなくて、
拗ねている自分もいた。

そんな自分を
一度は理解していた、
つもりだったけど、
まだまだ感情がくすぶっていて、

最近のモヤモヤは
そこから来ていると
気づかせてもらえたんです。

自分をゆるすことって、
1回で終わりじゃなくて、
玉ねぎの皮をむくように、

薄皮を
何度も、
何度も

丁寧に剥き続けるイメージなのかな。

これって、
ふりだしに戻った訳じゃなくて、
一歩進んだ証(あかし)。

過去を受け入れるために、
今できることを
一個ずつ、取り組んでいきます。

こういう自分を伝えていくのって、
弱い部分だから、
普通は見せることをためらうんでしょうけど、ね。

隠してもバレますし(笑)、
弱さも含めてすべてお伝えしたほうが、
あなたにも伝わる部分があると思って、
今日はこの記事を書きました。

それでは、
正直に、本気で一日を過ごしましょう~

====================

興味のありそうなお友達がいらっしゃったら、
転送、シェア大歓迎です(^^♪

※シェア元を書かなくてOKですので、
 どんどんシェアしてくださいね。


個人セッションの空き状況を ブログに掲載しました。
おばぁのお話会、セッションから 1か月経ちますので、
心と身体を整えたい方はぜひお申込みください。

ABOUTこの記事をかいた人

こころとからだの整備師。元結婚式場支配人。メンタルケアとマッサージを同時に行いこころとからだを整える専門家。東日本大震災の体験から防災士の資格も取得、北海道防災教育アドバイザーとして講演活動も実施。クリームパンとラムレーズンが好きな42歳。