ビュッフェレストランで私がやっている事

我が家には、
高校2年生の長男と、
中学3年の長女と、
小学2年の次女がいます。

食べ盛りの子どもたち3人いますので、
外食をするとなると、
ビュッフェスタイルのところに
行くことが多いんです。

最近のお店は、
ジンギスカンや焼き肉もある上に、
サラダやお寿司や惣菜、
うどんやおそば、ラーメンから
色とりどりのデザートまで
本当に種類が豊富。

子ども達も
それぞれが食べたいものを
食べることが出来て満足そうです。

そんな、
ビュッフェスタイルのレストランに行くと、
家族から

『また父さん、やってるね~。』

と言われることがあるんです。

それは、

【置かれている料理の組み合わせで

メニューにはない料理を創ること】

です。

しょーもないでしょ?(笑)

たとえば、

カレーコーナーのカレーと、
うどんを組み合わせてカレーうどんにしたり、

ごはんと和食コーナーの温泉卵と
焼肉とほうれん草のおひたしで
即席カルビ丼をつくって見たり、

お汁粉とバニラアイスとわらびもちで
和風パフェをつくって見たり。。。

並んでいるお料理を見て、
組み合わせたら楽しそうな一品を
創って楽しんでいます。

・・・変わってますか?私(笑)

でも、
こういうことを楽しみながらやっていると、

【今あるものの組合せで何が出来るか?】

を考えられるようになります。

ないものに目を向けて、
一から新しい物を作ることもできるけれど、
今、手元にあるものに目を向けて、
工夫して新しいものをつくることもできる。

人と比べて、
自分には無いと思うのではなく、
今、自分にあるものに目を向けて、
出来ることから取り組んでいく。

去年の北海道胆振東部地震でも、
この考え方のおかげで
乗り越えることができました。

あなたの持っているもの、
あなたのできること、

そのもの自体の
すばらしさに気づいて、
うまく活用できるか考えてみると
意外とすんなりいくかもしれないですね。

====================

興味のありそうなお友達がいらっしゃったら、
転送、シェア大歓迎です(^^♪

※シェア元を書かなくてOKですので、
 どんどんシェアしてくださいね。


個人セッションの空き状況を ブログに掲載しました。
おばぁのお話会、セッションから 1か月経ちますので、
心と身体を整えたい方はぜひお申込みください。

ABOUTこの記事をかいた人

こころとからだの整備師。元結婚式場支配人。メンタルケアとマッサージを同時に行いこころとからだを整える専門家。東日本大震災の体験から防災士の資格も取得、北海道防災教育アドバイザーとして講演活動も実施。クリームパンとラムレーズンが好きな42歳。